トランポリンクッションコイルありなし違いは?

おもちゃ
スポンサーリンク

トランポリンクッションの購入を考えているけどコイルありなしは

具体的にどのように違うのか知りたい。

コイルなしでもしっかり跳ねるのかな??

そんな疑問を私も購入前は抱きました。
購入前の参考になるかと思いますので是非ご覧ください。

〈景品表示法に基づく表記〉この記事内には商品プロモーションを含みます。

スポンサーリンク

跳ね具合をコイルありなしを擬音語で表現すると…

コイルなしポフポフ

コイルありぴょんぴょん

という感じです。

トランポリンの感覚に近いのはよく跳ねるコイルありの方になります。

静音性を重視したい&デザイン性を重視したいならコイルなしの方です。

それでは詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

コイルありメリットデメリット

メリット

  • 跳ね返りが良く、本格的なジャンプが楽しめる
  • コイルが衝撃を吸収するため、膝や腰への負担が少ない

デメリット

  • コイルの音が気になる場合がある
  • ウレタンのみのクッションに比べて、価格が高い
  • コイルが変形したりコイルが内側で倒れて使えなくなることも
  • 長年使うとコイルが浮き出てくることもある

スポンサーリンク

コイルなしメリットデメリット

メリット

  • コイルの音が静かで、騒音を気にせずに使用できる
  • コイルありのクッションに比べて、価格が安い

デメリット

  • 跳ね返りがコイルありのクッションに比べて劣る
  • コイルが衝撃を吸収しないため、膝や腰への負担が大きい
  • 物を乗せたり椅子として使っているとヘタってくることもある

コイルありなしでやはり気になる点というと

・跳ね具合

・へたるのか?耐久性は大丈夫か?

この2つが疑問に感じる点かと思います。
それぞれメリットデメリットをお伝えしましたが、耐久性でもうひとつ参考にするとしたら耐久テストの有無です。

Q 耐久性は問題ないですか?
A 100kg 70,000回の耐久テストを行った結果、大きなへたりはございませんでした

引用:OPPOMANサイト

このようにテスト結果を公表しているメーカーをチェックしてみましょう。

\今ならレビューを書くと保証期間が7日→半年に/

耐久テストを実施しているメーカーは少ないですが信頼できます。
長く使えると考えれば高くてもコスパがいいので安心ですよね。
どんなトランポリンクッションを選んだらいいかわからない…

そんな時は、のような記事で詳しく記載してますのでよかったら見てみてくださいね!

ちなみに私が愛用しているトランポリンクッションはこちらです↓

こちらのトランポリンクッションはバネありで、2年ほど運動用や子どもの遊び用に使ってますがヘタリもコイルの変形もなく、静音性も抜群でマンションでも気にすることなく使えています。
カバーの中を確認しましたが、コイルが飛び出ていることもなく丈夫でいい買い物できたなと思っている商品です。こちらが証拠↓

跳ね具合が気になるかとおもうので動画を撮ってみました↓ぜひ参考にしてみてください♪

トランポリンクッションは種類もたくさんあるのでどれを買えばいいか本当に迷った時はぜひこちらも検討してみてくださいね♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました